DEAR YORKIES

わらわらヨーキーの日々の出来事♪  

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無麻酔下での歯石除去」について。

2016.02.19 (Fri)

数年前からちらほら話を聞くようになってきて、
動物病院業界でも問題視されるようになっているのが、
「無麻酔下での歯石除去」というものです。



通常、動物病院における歯石除去術というのは、
動物に全身麻酔をかけて行います。



人間であれば、歯科医が「口を開けてくださいね」と言えば、
患者が自分の意思であーんと口を開けておいてくれるため、
よほどの事でなければ全身麻酔を用いる事はないと思うのですが、
動物ではそうもいかないため、全身麻酔下で行うのが主流になっています。



ところで、歯石がある程度ついてきた動物というのは、
ある程度の中高齢である場合が多いため、
「麻酔」というものに対しての危惧をされる場合も多く、
そのために、”無麻酔下”での歯石除去を売りにするペットサロンや動物病院というのがちらほら出てきています。



麻酔というのはもちろん獣医師免許を持っている獣医師でなければできないのですが、
”病気の治療を目的としない”歯石除去というのは、
「獣医療」とは認められないらしく(グレーゾーンみたいですが)、
ペットサロンなど、動物病院以外で行うところも出てきているようです。



ペットサロンが獣医療的なことをするというのも正直問題だと思うのですが、
患者を呼び込めるからということなのか、
逆に動物病院でも”無麻酔下の歯石除去”を行うところが出てきているようです。



今回は、無麻酔下での歯石除去の是非と問題点について、考えてみたいと思います。



まず歯周病の治療・予防という観点から見れば、間違いなく「非」です。
なぜなら、歯周病治療の目的とすることを、まるで果たすことができないからです。



歯石除去というのは確かに美容目的で行われる場合もあるのですが、
その一番の目的は、「歯周病の進行の防止」であり、治療のための処置です
(これを目的としないから、ペットサロンで行われているということでもあるのですが)。



よく勘違いされることですが、歯石自体は歯周病の原因ではありません。
歯周病というのは、細菌が歯の周囲で増殖し、
その毒素によって炎症が引き起こされて進行していく、
「細菌による感染症」です。



炎症が進むと、歯周ポケットが深くなって行き、
やがて歯を包んでいる骨が溶け、
歯周靭帯も切れてしまい、歯がぐらぐらになって脱落します。



歯周病はゆっくり進行する病気ですが、
一度骨や靭帯が失われると、その病変は不可逆的です。
その進行を食い止めるために行われるのが、歯石除去を始めとした口腔ケアです。



歯冠部分の歯垢の中や歯石の表面にも細菌は存在しますが
(歯石の内部には細菌がいるわけではないので、
 歯石の存在自体は歯周病の進行には無関係です)、
一番害となるのは、歯周ポケットの中にいる菌です。



歯周ポケットの中は酸素濃度の低い、嫌気的な環境となっています。
そのため、嫌気性菌という菌が増えるのですが、
この菌は歯垢や歯石表面にいる菌よりも強力な毒素を出すため、
重度に炎症を起こし、歯周病の進行を早めます。








歯石取りなどの口腔ケアを行う際、動物病院では、
歯石を超音波スケーラーによって破壊し取り除き(スケーリング)、
歯の表面を研磨剤で磨くことによってつるつるにします(ポリッシング)。
それに加えて、歯周ポケットの中の汚れをかき出して綺麗にします(ルートプレーニング)。



特にルートプレーニングというのは、
歯周ポケットに溜まっている汚れと嫌気性菌を取り除くために、
とても大切な手技です。








無麻酔下でどこまでやるのかは知りませんが、
超音波スケーラーはかなりの振動が加わるので、嫌がってできないでしょうし、
歯周ポケットの中に器具を差し込んで掃除をするというのも、
とても無理だと思います。



おそらく歯石を砕いて取り除いた後に、ハンドスケーラーでこするくらいだと思うのですが、
その状態では歯の表面には細かい歯石がたくさん付いていてざらざらなので、
その後歯石が再付着しやすい状態になっています(無麻酔下でポリッシングができれば別ですが)。



歯周病の進行の防止をするためには、
歯周ポケットの中の汚れや細菌を取り除く必要があるのですが、
そこに手をつけないのであれば、
歯周病の予防的に見れば全く意味がないことになります
(歯周病の治療や予防を謳ってしまうと獣医師法に引っかかってしまうのですが)。



また、無麻酔下での処置の売り文句は、
「麻酔をかけないので安全」ということだと思うのですが、
麻酔をかけないことが体にいいかというと、
必ずしもそうとは言えません。



例えば心臓が悪い動物では、麻酔をかけるとなるとリスクがあるのはもちろん確かですが、
心臓が悪い動物にとって、むしろ何よりリスクなのは「血圧の変動」です。



嫌がるのを無理に抑えて処置を行おうとすれば、
血圧が上がることによって、余計に心臓に負担がかかり、
それは命を脅かすリスクとなります。
無麻酔で行うことが低リスクかといえば、”そうとも言えない”というのが答えになります。



また、歯周病の進行している動物においては、
「予想外のリスク」は常に付きまといます。



歯周病が進行している動物では、しばしば歯周病の進行によって骨が溶けています。
以前にも、スケーリングを希望ということで診察してみると、
すでに顎が折れていてびっくり仰天、ということもありました。



まだ骨折していなくとも、
歯槽骨がかなり溶けていて骨折寸前という場合もあるでしょうし、
そういう場合に嫌がって暴れたりすると、
止めの一撃となって顎の骨が折れる、という可能性だって十分にあります。



無麻酔での歯石除去についての結論を言えば、



・歯石を除去して口が綺麗に!
 →なりません。
  一番綺麗にしないといけないところ(歯周ポケット)は汚いままです



・安全です!
 →安全とは言えません。
  心臓の悪い動物で興奮すると余計危険ですし、
  骨が溶けてきている場合は、特に骨折のリスクがあります。



ということになります。



嫌がる動物を無理に抑えると、精神的な負担がかかるという可能性もありますが、
それは動物の性格や抑える人の技量次第の部分もあるとは思います。



ということで、うちの病院においては、
無麻酔下での歯石除去の相談をされた時には、
歯石除去が何を目的とするのか、というところから説明を始めて、
その返答は「完全否定」してしまう形になってしまいます。



実際、獣医師の歯科研究会の見解においても、
「無麻酔下での歯石除去は、”行うべきでない”」
とアナウンスされています。






少なくとも現段階においては、
獣医療における主流の見解は、
「百害あって一利なしなのでするべきではない」ということになっています。



獣医療的に否定されているにも関わらず、
やるところが無くならないのは(ペットサロンにしても動物病院にしても)、
麻酔というものへの不安感があるとともに、
歯周病についての動物病院側の周知の不足があるのだと思います。



歯周病の治療と予防のためには何が必要なのか、
またそのためにはなぜ麻酔が必要なのか、
ということをしっかりと伝え、さらに、
動物病院ではきちんと状態を把握してできる限りに安全に麻酔をかけるんですよ、
ということをきちんと飼い主さんにお伝えして行くことが必要だと思います。



確かに心臓が悪かったり、持病を持っていたりして、
麻酔をかけるのにリスクがある症例があるのは確かです。
かといって、そういう子を無麻酔下で処置を行うことが”安全”かと言えば、
けしてそうとは言えない、ということも確かだと思います。



実際、心臓が悪い動物に麻酔をかけるよりも、
心臓の悪い嫌がる動物を無理やり抑えつけて、嫌がることをする方が、
急性心不全の状態に陥らせてしまう可能性ははるかに高いです。



しっかりと意義を説明するということと、
しっかりと手技を行うということは、
飼い主さんに納得してもらうためにもっとも重要なことですので、
きちんとお伝えしていきたいなと思っています。


http://blogs.yahoo.co.jp/ponpoko6691535/36956592.html より転載。



スポンサーサイト

| HOME | 次の記事へ >>

コメント

久しぶりの更新で嬉しくて飛んできましたよ~笑

無麻酔の歯石除去については私もとっても関心がありました。
で、かかりつけのドクターに相談したらこちらの先生と同じような話をされていました。
もちろん近くに無麻酔で歯石除去をしてくれる施設がなかったことも理由だけど
やっぱり今までしなくて正解だったなって改めて感じています。
小さい子にとって麻酔はハイリスクだとよく聞きますが
それよりも大きなリスクを取り除くためなら麻酔も全然アリだと私は考えています。
それは今まで何もなかったからかもしれないけどね^^;
貴重な記事を目にする機会をありがとうございました!

PS
たまにはみんなの可愛いお顔も載せてくださいね~♪

こあらさん、こんばんは~(*^_^*)

早速のコメントありがとうございますm(__)m
もう更新の仕方もわからず、焦りました。
この記事は何とかUPしたいと思いまして・・・。
よく他の方のブログでも無麻酔で歯石除去の記事を見ますが
根本からの改善ではないということですよね~。
昔にうちのブリーダーさんに無麻酔での歯石除去について
尋ねましたら、やはり危険だと仰ってました。

うちの子たちも今年4歳、6歳、8歳、10歳となります。
ご多分にもれず歯石が・・・。  
付きにくい子と付きやすい子がいますね~。
付きにくい子は唯一のんちゃん(*^_^*)
その代わりに後ろ足が緩い・・・。
ヨーキーは歯石がつきやすいですよね!

写真はここに載せるよりFBの方が確率高し、だと思いますぅ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

ももんたママ

Author:ももんたママ
わらわらヨーキーのお世話係。
出産もたま~にあります!

動物取扱業 第299号




*script by KT*

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

マウスについてくる犬の足跡

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。