DEAR YORKIES

わらわらヨーキーの日々の出来事♪  

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喪中はがき

2007.11.26 (Mon)

今の時期「喪中はがき」が届くことが結構あります。
ご多分にもれず我が家もそうです。
今日届いた「喪中はがき」を見て思わず外で「えっと声を出してしまいました。
地元で大変仲良くしていただいた方の御主人が亡くなったという知らせです。
御主人本人はさほど存じ上げてなかったんですが奥さんとはプライベートから仕事と
仲良くさせてもらってました。
引っ越してからも電話で話したり、時には思わぬ物を宅急便で送ってくれたりと
仲良く、そしてお世話になってました。
その上にご主人の病気は私の亡き実母と全く同じ病気だったんです。
そんなこともありご主人の病状がすごく気になってました。
3年4ヶ月の闘病生活、最後まで仕事一筋だったそうです。
お元気な頃は毎日々接待で夜は遅く家で食事をされたことはなかった御主人。
単身赴任生活も経験されて・・・少々うちのパパとかぶるところもあります。
最後は痛みがひどくモルヒネを処方されながら2週間ほど頑張ったそうですが
天寿を全うし旅立ちました。
まだ59歳という若さでした、心よりご冥福をお祈りいたします。
そしてこのおうちには2匹のワンがいます、ももことプリン。
ももこは16歳でした、そう・・・過去形です。
少し前からもう立つことも出来ずに寝たきり状態だったことは聞いていたのですが。
今日のお悔やみを言わせてもらった電話でももこも旅立ったことを知りました。
ご飯も寝たまま食べさせておむつをして。
ある日床擦れができるといけないから体位を変えてあげようと右手をももこの肩の所に
入れたらグニャという感触が手にあったそうです・・・
すでにもう蓐瘡化してたんですね。
こんなになっても心臓が動いてるから生きてなければいけないのか・・・
彼女はそう思ったそうです。
そしてその夜、ご主人のお仏壇にお願いしたそうです、ももこを連れに来てあげて・・・と。
翌朝、起きた時にはももこは眠るように息を引き取っていたそうです。
ももこ、よく頑張ったね。  もう苦しまなくていいんだよ・・・楽になったね。


ここに越してきて1年3ヶ月ですが、同じ組の方でもまだ知らない方がいらっしゃいます。
先ほど組長さんがやって来られ「○○さんが亡くなられた、一報だけいれさせていただきます」と。
お通夜、告別式はおって連絡するとのことでしたが、本当にお顔も存じ上げないし
そのおうちが○○っていう苗字だったこともこの時に知ったくらいです。
お通夜や告別式は地域によってずいぶん違うようだし少々困ってます。
ご香典の金額、お通夜も告別式も両方行くのか、ご焼香の仕方、などなど・・・
経験談でも何でもいいので教えてくだされば幸いです(*- -)(*_ _)ペコリ


昨夜の「動物奇想天外」をご覧になった方はいらしたでしょうか?
ボルゾイの6歳になるマリーちゃん、突然の高熱と下血で病院に来ましたが
腎臓も肝臓も非常に悪く危険な状態でした。
飼い主さんも必死に看病し、獣医さんも一生懸命治療してました。
ひどい発作がマリーちゃんを襲い、一進一退状態。
それは見てても苦しそうで何とかしてあげたい、と思うほど。
獣医さんの方で「安楽死」のお話があり、その飼い主さんは「安楽死」を受け入れました。
その前に体を清めてもらいそれ専用のお部屋で飼い主さんに抱きかかえながら
マリーちゃんは旅立ちました。
家族全員が揃った時にこのマリーちゃんの目から涙が出たんです。
たかが犬と思うかもしれませんが、決してそうではないんですね・・・
ちゃんと感情もあって・・・きっとこのマリーちゃんの涙は、今までありがとうの感謝の涙、
そして大好きな家族と別れる悲しみの涙、両方だったんだろうと思います。

私の実母が亡くなる時、モルヒネで意識がなかったんですが最後に目を開けて
周囲にいる人を見渡し涙を一筋流しました。
この涙もきっと感謝と悲しみの涙だったんでしょうね。


今日はとても長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。
今までタイトルには必ず「♪」をつけてきましたが、今回はつけることができませんでした。
長い人生、「♪」ばかりではないということですね。
いつかは終焉を迎える・・・それまでは前向きにプラス思考で明るく生きていこうと思います。





にほんブログ村 主婦日記ブログへ
ランキングに参加中♪ポチッとよろしくおねがいします



スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

大変お辛いお話で上手くは言えないですが~人の命も様々ですよね!
一生懸命仕事一筋で、これから楽しい第二の人生の手前で逝ってしまわれるのが残念さと悔しさでなりません!
最後のターミナルケア(末期)は、その方らしい逝き方をさせてあげるのが最大のポイントかと思います!しかし、現実は病院で亡くなったり養護施設で亡くなったりで~その方らしい逝き方では無い場合も多いですね。
最後は、痛みや苦しみを緩和する事が最大のカンファレンスかと思います!
憤りを感じますが、キムはせめて自宅で家族と一緒の中で逝きたいと思いますねっ~
人間も寝たきりになりますと病気より床擦れ(褥創)が酷くなり、第4期には骨まで達し腐敗しますから手の施し用も無くなります。また、お通夜に行かれるなら告別式は行かなくて良いですよ(その反対なら告別式には参列です)香典は付き合いも無く名前も知らない方で付き合いだけで行くならば5000円で十分かと思います(本当は3000円でも良いですが切れが悪い数字ですし1000円紙幣を3枚と言うのも失礼かと)町内会合同の連名で香典を出すなら1000円で全く問題ないと思いますねっ!
長々とすいませんでした!

補足ですがお通夜に行かれるなら香典は、その時に渡して下さいねっ…お通夜に行かないで告別式に行かれるなら香典はその時に…です!
度々、すいませんでした!

いつかは別れが訪れる・・・悲しい現実ですよねv-406
いつか必ずv-286との別れが来る・・・
考えたくないよぉ~v-406
その時が来た時、後悔が残らない様に
いっぱい愛情をそそいであげなくちゃ。

近所付き合いって、難しいですよね。
うちもココに引っ越してきて数年・・・同時期に引っ越して来た、同班の人なら分かるけど同組の人は
全くと言っていい程、分かりません(汗

でもうちの地域の場合は、訃報連絡は来るけど
親しい人以外は、出てないかなぁ。
全く知らない人が来ても相手も困ると思うし(笑)
その代わり、町内会費からお香典が出てるみたい。
その辺は、楽かもしれない。

こんばんわ。
たいへんむつかしいお話ですね。
私もこの夏に入院した時、少しばかり他の人の人生や家族の姿を見ました。
思ったことは、自分や、自分の周りの大切な人にその時が来たとき、
後悔をしたくないし、させたくない、、というこでした。
そのためにも日々愛情もって生活したいものです。

退院直後、3週間ぶりに対面したわんこにめーいっぱいの愛情を
表現しようとしましたが、スッっとかわされ、ちょっと凹みました(笑)

以前住んでいたところでご近所にご不幸があったときは、
町内会でお香典を取りまとめて代表の方が参列して下さりました。
そのときは一家1000円で町内連名としてくださったと記憶しています。

長文失礼しましたm(__)m

おはようございます。
う~ん。読んでていろいろ考えさせられました。。。
動物奇想天外。。。私も子供達と見ました。
号泣してる私に子供達は「何で殺すん??何で!」って質問攻めしてきたけど。。。
「エルりんがもしあんなに苦しんでいたらママもそうするかもしれんよ・・・」って言うと「絶対イヤ!!」って何度も繰り返す子供達。。。。
本当に難しい決断なんだと実感しました。

私の町内では。。。組長さんが町内会費から香典を包み(3000円)参列するので親しい人のご不幸以外は私は参列していません。

おはようございます。
人も犬も死に関しては考えさせられますね。
「幸せだった!ありがとう!」と思えるような思われるような日常を送りたいものです。
安楽死は賛否両論ですよね。
もし私だったら・・・考えるだけで胸が苦しくなります。
でもマリーちゃんの涙は「ありがとう!」だったんですね。
きっと沢山の愛を感じ天寿を全うできたのでしょう。
我が家のマンションは町内会に所属してないので、そういった近所のお付き合いはないんですよね。。。
実家(埼玉)にいた頃は・・・隣近所で3千円、あまりお付き合いのない方は千円だったような。
数年前までは自宅で葬儀をさせる方も結構いらして、そんな場合はお通や出席してました。
全部両親が対応していたのでうろ覚えですが。。。
お役に立てずごめんなさい。

この時期届く喪中ハガキにはショックを受けるものも多くありますね。
遠方の方なら、ももんたままさんのようにそれによって知らされることもあるし。
闘病生活は本人が辛いことはもちろんですが、それを看病する家族の方もお辛かったことだとお察しします。
加えてワンちゃんまで旅立たれたとのこと…心からご冥福をお祈りしたします。

悲しいけれど、どんな命ともいつかはお別れしなければならないときが来るんですよね。
そのときに後悔しないよう、いまできることをしっかりやって、一緒の時間を大切にしたいなぁと思いますね。
でも、できればその日は1日でも先の方がいいですけど。

なんども読ませていただきました。
けど、なんてコメントしていいか言葉が出てきません。
私もこれから親族やワンコ達の旅立ちを目の当たりにするのでしょうけど、悲しすぎるので想像するのもつらいです。
ちょっとまだ考えるのはやめときます。
ごめんなさい。

リリタンパパさん♪


こんばんはe-343
こんな重い内容の記事にコメントくださりありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
本当にそうですね、その方らしい生き方、これが大切ですよねe-2
人間は死んでいくときに過去の辛かったことはあまり
思い出さないと聞きました。
その亡くなる瞬間に思い入れの深い方々が周囲にいて
それだけで安心&感謝で逝くことができると聞いたことがあります。
ご近所のお通夜&告別式に関しては後ほどUPしたいと思います。
本当に色々と教えてくださりありがとうございました。

くめりさん♪


こんばんはe-343
ごめんね、くめりさんは今は大事な体なのにこんな文面を
読ませてその上にコメントまでかかせちゃって・・・
くめりさんは今は何も考えずに楽しいことだけを考えて過ごしてねv-411
悩んだり落ちこんだりしちゃいけないよv-363
何でもそうだけど後悔だけは残らないようにしなくっちゃねv-411
近所付き合いは本当に難しいよねv-356
特にわたしたちは「よそ者」って感じだから余計にわかんないv-393
だよね、あとから親族の方が香典袋の名前を見て
(*゜・゜)ンッ?誰だ・・・なんてきっと思うよねv-355

奈津さん♪


こんばんはe-343
こんな重い内容の記事にコメントくださりありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
自分が入院したり病気なって初めてわかることってありますよね。
そうですね、何に対しても後悔だけは絶対にしないように
という思いで日々過ごしたいですよね。
3週間も入院されてたんですね。
ご近所のお通夜&告別式は個別で出向くそうです。
奈津さんが以前住んでらっしゃったところのように組で
取りまとめてくださればいいんですけどね・・・
本当に地域によって違うということが今回のことで思いしらされました。


えるりんママさん♪


こんばんはe-343
ごめんね、こんな重い内容にコメントくださって、ありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
「逝去」ということに関しては色々考えさせられるし
どれが正しいかなんて言えませんよね。
各個人や各家庭の様々な事情があるだろうし・・・
子供達にとっては「安楽死」というのはなかなか理解できない部分が
あるでしょうね。
うちの母が闘病してる時に主治医が「延命治療はしますか?」と
聞いてこられました。
その時、私たち家族はお断りしたんです。
これも一種の安楽死ですよね。
でも後悔はしてません。
本当に地域によってしきたりが色々違いますね。
組長さんが代表で参列してくださるのはいいですよね。

リサママさん♪


こんばんはe-343
こんな重い内容の記事にコメントさせてしまってごめんね。
そしてありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
終焉を迎える時は人間でも犬でも生あるものに対しては
色々と考えさせられますよね。
あのテレビを見てたとき、思わず私はパパや娘に
私は絶対にこの子達を安楽死させるようなことはしない、
って言い切ったんですが・・・
苦しんでる姿を目の当たりにしたら・・・やはり選択肢の中に入るのかもしれません。
せめてそんな苦しまなければならない病気になんて
かからないように日頃から飼い主が注意を払ってあげないとダメですね。
いぇ(´ー`*)(*´ー`)いぇ お役に立てずだなんて、こうやって
コメントを書いて下さるだけで十分です。
でも本当に地域によって違うことにびっくりしました。

こあらさん♪


こんばんはe-343
こあらさんもお辛いことがあったのに私の方にまで
コメントをくださりありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
ですね、闘病生活はもちろん当の本人が1番つらいでしょうが
その方を支える家族も辛かったろうと思います。
亡き母も4年間の闘病生活、正直言って私たち家族も
大変でした・・・
生ある限り、終焉の時は訪れる、これは紛れもない事実で
逃れることができません。
その為にこあらさんがおっしゃるように後悔のない時間を大切に
一緒に送る、私もそうしたいと思います。

ゆうさん♪


こんばんはe-343
こんな重い内容の記事にコメントくださってありがとございます(*- -)(*_ _)ペコリ
ねぇ、いつかは必ず死は訪れる、でもゆうさんのおっしゃるように
まだまだ考えなくてもよい人はきっとその方がいいと私も思います。
そういう時がきてから考えて十分に値すると。
ただそういう時がきた時に後悔の気持ちだけは持たないように
日々の生活を一生懸命生きなければね。

大好きな人、亡くすというのは悲しいことですよね。
ワタシも最近祖母を亡くしました。
もっと、お話してあげればよかったとかいろいろと後悔はあります。でも、亡くなるときに、最後に笑顔を見せてくれました。ありがとう、天国でねって笑顔でした。そして、ワタシの愛犬であったポメのティムが亡くなる直前に最後の力を振り絞って遠吠えをあげました。みんな、ありがとうのメッセージでした。
病気や事故で命を落とす方、寿命で亡くなる方、
自ら命を捨てる方、亡くなり方は様々です。
みんなが天国でゆっくりと幸せになれたらなって思います。この世の中、簡単に人を殺してしまう事件が多いですよね。悲しいですね。もっと命の大切さを
感じてほしいです。命を持って生まれてきたことにもっと感謝してもらいたいですね。

みかりなさん♪


こんばんはe-343
本当に・・・大好きな人が目の前からいなくなるっていうことは
耐え難い悲しみがありますよね。
おばあちゃんもティムちゃんも最後に「ありがとう」のメッセージを
残してくれたことが唯一の救いですね。
惨忍な事件が多い世の中、いとも簡単に人を殺してしまう、
そういう人はいったい何のために産まれてきたんでしょうね・・・
親の顔が目に浮かばないのかな・・・なんて思っちゃいます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

ももんたママ

Author:ももんたママ
わらわらヨーキーのお世話係。
出産もたま~にあります!

動物取扱業 第299号




*script by KT*

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

マウスについてくる犬の足跡

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。