DEAR YORKIES

わらわらヨーキーの日々の出来事♪  

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんちゃん♪

2007.11.04 (Sun)

25年ほど前に偶然名古屋のペットショップで一目ぼれをしてすぐに連れて帰ったのが
先代ヨーキーの「あんちゃん」です
生後55日くらいで450gでした
に連れて帰ったら父がゴキブリみたいと言ったのを今でも覚えてます
小さくて背中が黒光りしててチョコチョコよく動いたからだと思うんですが(;^_^A アセアセ・・・

我が家に来てすぐに脂肪肝症候群と低血糖症で入院。
入院2日目の夜中に獣医さんより電話「今晩がやま、ダメかもしれないので明日早くに来て」と。
翌朝慌てて病院に行ったら獣医さん「持ち直してきた、ご飯も少し食べたよ」と。
あとはお願いして車に戻ると路肩に止めたはずの車が道の真ん中に絵文字名を入力してください
そうなんです、慌てていてギアをパーキングにいれてなかったぁ
幸い行き交う車は避けて通ってくれていて大事には至りませんでした(´▽`) ホッ

退院してきて1ヶ月ぐらいしてからは2階から転げ落ちて泡ぶくになりピクピク
すぐ病院へ、レントゲンなどの検査で異常なし
それ以後は元気で寝るのも一緒、出かけるのも一緒jumee☆LoVe1
私の青春時代そのものでした


お星様になるまでの間に乳腺腫瘍で2回の手術・・・
でも切除しても切除してもできてくるんですよね・・・
13年目にして子宮蓄膿症、これは一刻をも争う事態
13年という高齢、獣医さんが果たして麻酔等に耐えられるかどうか・・・保証はできないと。
でもでも手術に踏み切るしかないんですよね、そのまま放置すれば確実に死が訪れる。
術後電話を入れたら「無事です、目を覚ましてますよ」と。
嬉しかった、本当に嬉しかった
その日は入院のはずがキュ~ンキュ~ンとなくので連れて帰ってくださいって言われた。
( ̄△ ̄;)エッ・・? 迎えに行ったら縫合の後は血が滲んでるし糸はピョンピョンと手にあたるし。
でも運転しながら抱っこして連れて帰りましたとも
その晩はキュンキュンないて寝なかったな、あんちゃん

それから1年くらいは何事もなく過ごせたんだけど、やはり乳腺腫瘍が・・・
もう手術は・・・って気持ちがあった・・・
そのうちに破れて膿が出て、ガーゼ交換の日々が続いた。
心臓も弱り、腎臓も悪くなり、最期は病院で息を引き取りました。
15歳と1ヶ月でした。
自分自身が看取れなかったことに対して悔いが残ってます。


今現在③ワンがいますが、この子達は自分が看取り我が腕の中で静かに・・・
と願ってます。
ケースバイケースで色々あるでしょうが、その子が1番幸せであるように・・・
ここで暮らせて良かった、って思ってもらえるように・・・



若くて体力があるうちに避妊をしておけばよかった、って今でも自分を責めるときがあります。
あんちゃんは体が小さかったし、私も仕事を持ってたので赤ちゃんは考えてなかった。
それなのに、先延ばし先延ばしでこういう結果になってしまいました
避妊手術をしてさえいれば・・・



ごめんね、あんちゃん・・・無知だった私を許してね・・・
あんちゃんさん          あんこ


あん①    DSCF3736.jpg


元気だった頃のあん。  右下の写真は最期にしてたリボンと少しの毛・・・

お星様になって10年が経った・・・

あんにもう1度会いたいな・・・





  にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
   ランキングに参加中♪ポチッとよろしくおねがいします┏○ ペコッ


スポンサーサイト

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

避妊手術、本気で考えます。
ありがとうございました。

ここ数年の動物医療技術は数段、良くなったと思います。
数年前までフィラリアで亡くなるワンが多かったんですから・・・
25年前なら獣医さんも去勢・避妊を声高に言わなかったし・・・

あんちゃん、とってもかわいいですね
綺麗に毛も伸ばしてたんですね
今のももんたママさんには③ワンがいるし、今度、目出度くv-424あんじゅちゃんが懐妊する予定なんでしょ~~~
産まれて来る命を大切に慈しんで育てれば、あんちゃんの生まれ変わりがいるかも・・・
楽しみにしてますねv-410

思わず涙がでました(◎-◎;)キムも先代のヨーキーが気管支炎が弱くて7年目に食事中に喉に詰まらせて‥軟らかいフードで食べさせてたのですが(涙)その晩は一緒にお布団で寝ましたが涙がとまらず一睡も出来ませんでした‥ママさんの仰る様に、自宅で最後を一緒に過ごせ幸せだったと確信しています!最後を見取るのは辛いと解りながら、また向かい入れてしまうんですよねっ(汗)

こんにちは☆ ついに初カキコv-221

読んでて・・・涙が出てきちゃったよぉv-406
あんちゃんのコトが教訓になり、③ワンにいかされてる。
きっと、あんちゃんも喜んでくれているコトでしょうi-228

虚勢とか避妊って、人間の勝手な気がして可哀想・・・
って思うけど、そうじゃないんだね。
その時は辛くても今後のことを考えたら、やっぱりするべきなんだね。
このブログを読んで、うちのメイも避妊しようと思いました☆

昼間っから泣いてしまいました><
あんちゃん。。。とってもとってもいろんな経験をなされたワンちゃんだったのですね。。。
前にお写真を見て「うちのりんちゃんに似てる~!」ってコメントした事覚えています。
特に1番下の左のお写真。。。首を傾げた感じがりんと重なってしまいます。

ママさんはあんちゃんを通していろんな事を学んだんですね。
教えてくれてありがとうございます。。。
私も本気でりんの避妊手術考えていこうと思います!!

読んでて涙が出ちゃいました(>ω<。)
動物を飼うとういうことはこうゆう事なんだなってずっしり心に響いています。
人に比べて動物は絶対寿命が短いんだから、いつか必ずその日はやってくるんだから、一緒に居れる日々を大切にしないといけないんですよね。。
そしてこれはどんな命でも同じなんですよね。

あんちゃんと出会えて本当によかったですね。
赤ちゃんのときから苦しい思いもして、病気も克服して頑張りやさんのあんちゃんでしたね。
それもももんたママさんの愛情があればこそだったのでしょう。。
とっても可愛いあんちゃんですね。
悲しいけれど大切なお話。聞かせてくれてありがとうございました。

ゆうさん♪


こんばんはe-343
非常に湿っぽい話になっちゃってごめんねv-421
きっと先の事を考えたら若くて元気なうちに避妊した方が
私はいいと思います。

smileさん♪


こんばんはe-343
確かにそうですよね、あんちゃんが元気な時には
今のような情報がなかったんです。
けどやはり可哀想な事したな、って思います。
毛はず~っと長いままでした。
悲しいかな、③ワンとあんが重なる時があるんですよね~。
>産まれて来る命を大切に慈しんで育てれば、あんちゃんの生まれ変わりがいるかも・・・
この言葉、すごく嬉しいし励みにもなります。
ありがとうございますv-411

キムパパさん♪

こんばんはe-343
ごめんねぇ、涙を誘っちゃうような記事になっちゃってv-388
このブログを書く上でこのあんちゃんのことはここを
訪れる方に知っていてほしかったんです。
亡くなった時はもう迎え入れないなんて思っても
また迎え入れちゃう、これ、しかたないですねv-398

くめりさん♪


こんばんはe-343
(*゜・゜)ンッ?くめりさん・・・誰だ・・・って思ったけど
「メイちゃん」でわかったv-411
「くめり」の由来もわかったよe-2
初コメント、ありがとe-266
そんでもって泣かせちゃってごめんねv-421
そだね、あんのことを教訓にあんじゅは、って思ってるv-355
健康な体にメスを入れる、自然に逆らう、って考える人もいるけど
産めるのに産ませられない、それならやはりワンの老いてからの
ことを考えてあげてほしいなって思いますv-356
くめりさん自身の体はどうですかv-361
落ち着いてきたかなv-356

えるりんママさん♪


こんばんはe-343
ごめんねぇ、泣かせちゃって・・・
本当に嫌な事から良い事まで経験したと思います。
熱中症になりかけたこともありますし・・・
うんうん(^-^)  私もえるりんママさんのコメント、
覚えてますよぉe-282
あんちゃんに教えられたことは、やはりワンは生殖器の病気に
かかりやすいので若くて元気なうちにそういう病気に
かからないように飼い主さんが責任をもって考えてあげること、
それをあんちゃんの身を持って教えられました。

こあらさん♪


こんばんはe-343
どんな動物でも命はあるので必ず燃え尽きる時が訪れます。
その訪れ方、動物を飼った以上は飼われた飼い主さんに
ベストを尽くしてあげてほしい、って思うのです。
大事そうに暖かい眼差しで散歩されてる飼い主さんに会ったりすると
私はつい心の中で、散歩に連れてあげてくれてありがとう、
なんて思っちゃう方なんです。
幸せそうなワンを見ると飼い主さんにお礼を言いたくなるv-355
あんちゃんがいたから一生懸命仕事も出来たし、規則正しい生活も
できました。
でもこの避妊のことに関しては本当に申し訳なかったっていう
気持ちでいっぱいですv-409

あんちゃん、小さくてとっても可愛いですねv-344
私も10年ほど前まで実家でシーズーと暮らしてましたが、あんちゃんと同じように乳腺腫瘍で何度か手術をうけなくてはいけませんでした。
耳の手術もしたなぁ。。。
あの頃は私も母も無知すぎましたね。
あんちゃんやウチのチェリーは身をもって教えてくれたんですね。感謝しなくては!
あんちゃんはきっと写真のような優しいお顔で見守ってくれてますねv-407

リサママさん♪


こんばんはe-343
ありがとうございますv-410
文中にもありましたが本当に私の青春そのものでしたv-353
掛け替えのない存在でしたv-409
シーズーはチェリーちゃんというお名前なんですねe-241
乳腺腫瘍、破れるとすごいことになりますよねv-406
お星様になった時に獣医さんがおっしゃいました。
「これであんちゃんは楽になったんだから泣いてはだめだ」と・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

ももんたママ

Author:ももんたママ
わらわらヨーキーのお世話係。
出産もたま~にあります!

動物取扱業 第299号




*script by KT*

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

マウスについてくる犬の足跡

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。