DEAR YORKIES

わらわらヨーキーの日々の出来事♪  

  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無麻酔下での歯石除去」について。

2016.02.19 (Fri)

数年前からちらほら話を聞くようになってきて、
動物病院業界でも問題視されるようになっているのが、
「無麻酔下での歯石除去」というものです。



通常、動物病院における歯石除去術というのは、
動物に全身麻酔をかけて行います。



人間であれば、歯科医が「口を開けてくださいね」と言えば、
患者が自分の意思であーんと口を開けておいてくれるため、
よほどの事でなければ全身麻酔を用いる事はないと思うのですが、
動物ではそうもいかないため、全身麻酔下で行うのが主流になっています。



ところで、歯石がある程度ついてきた動物というのは、
ある程度の中高齢である場合が多いため、
「麻酔」というものに対しての危惧をされる場合も多く、
そのために、”無麻酔下”での歯石除去を売りにするペットサロンや動物病院というのがちらほら出てきています。



麻酔というのはもちろん獣医師免許を持っている獣医師でなければできないのですが、
”病気の治療を目的としない”歯石除去というのは、
「獣医療」とは認められないらしく(グレーゾーンみたいですが)、
ペットサロンなど、動物病院以外で行うところも出てきているようです。



ペットサロンが獣医療的なことをするというのも正直問題だと思うのですが、
患者を呼び込めるからということなのか、
逆に動物病院でも”無麻酔下の歯石除去”を行うところが出てきているようです。



今回は、無麻酔下での歯石除去の是非と問題点について、考えてみたいと思います。



まず歯周病の治療・予防という観点から見れば、間違いなく「非」です。
なぜなら、歯周病治療の目的とすることを、まるで果たすことができないからです。



歯石除去というのは確かに美容目的で行われる場合もあるのですが、
その一番の目的は、「歯周病の進行の防止」であり、治療のための処置です
(これを目的としないから、ペットサロンで行われているということでもあるのですが)。



よく勘違いされることですが、歯石自体は歯周病の原因ではありません。
歯周病というのは、細菌が歯の周囲で増殖し、
その毒素によって炎症が引き起こされて進行していく、
「細菌による感染症」です。



炎症が進むと、歯周ポケットが深くなって行き、
やがて歯を包んでいる骨が溶け、
歯周靭帯も切れてしまい、歯がぐらぐらになって脱落します。



歯周病はゆっくり進行する病気ですが、
一度骨や靭帯が失われると、その病変は不可逆的です。
その進行を食い止めるために行われるのが、歯石除去を始めとした口腔ケアです。



歯冠部分の歯垢の中や歯石の表面にも細菌は存在しますが
(歯石の内部には細菌がいるわけではないので、
 歯石の存在自体は歯周病の進行には無関係です)、
一番害となるのは、歯周ポケットの中にいる菌です。



歯周ポケットの中は酸素濃度の低い、嫌気的な環境となっています。
そのため、嫌気性菌という菌が増えるのですが、
この菌は歯垢や歯石表面にいる菌よりも強力な毒素を出すため、
重度に炎症を起こし、歯周病の進行を早めます。








歯石取りなどの口腔ケアを行う際、動物病院では、
歯石を超音波スケーラーによって破壊し取り除き(スケーリング)、
歯の表面を研磨剤で磨くことによってつるつるにします(ポリッシング)。
それに加えて、歯周ポケットの中の汚れをかき出して綺麗にします(ルートプレーニング)。



特にルートプレーニングというのは、
歯周ポケットに溜まっている汚れと嫌気性菌を取り除くために、
とても大切な手技です。








無麻酔下でどこまでやるのかは知りませんが、
超音波スケーラーはかなりの振動が加わるので、嫌がってできないでしょうし、
歯周ポケットの中に器具を差し込んで掃除をするというのも、
とても無理だと思います。



おそらく歯石を砕いて取り除いた後に、ハンドスケーラーでこするくらいだと思うのですが、
その状態では歯の表面には細かい歯石がたくさん付いていてざらざらなので、
その後歯石が再付着しやすい状態になっています(無麻酔下でポリッシングができれば別ですが)。



歯周病の進行の防止をするためには、
歯周ポケットの中の汚れや細菌を取り除く必要があるのですが、
そこに手をつけないのであれば、
歯周病の予防的に見れば全く意味がないことになります
(歯周病の治療や予防を謳ってしまうと獣医師法に引っかかってしまうのですが)。



また、無麻酔下での処置の売り文句は、
「麻酔をかけないので安全」ということだと思うのですが、
麻酔をかけないことが体にいいかというと、
必ずしもそうとは言えません。



例えば心臓が悪い動物では、麻酔をかけるとなるとリスクがあるのはもちろん確かですが、
心臓が悪い動物にとって、むしろ何よりリスクなのは「血圧の変動」です。



嫌がるのを無理に抑えて処置を行おうとすれば、
血圧が上がることによって、余計に心臓に負担がかかり、
それは命を脅かすリスクとなります。
無麻酔で行うことが低リスクかといえば、”そうとも言えない”というのが答えになります。



また、歯周病の進行している動物においては、
「予想外のリスク」は常に付きまといます。



歯周病が進行している動物では、しばしば歯周病の進行によって骨が溶けています。
以前にも、スケーリングを希望ということで診察してみると、
すでに顎が折れていてびっくり仰天、ということもありました。



まだ骨折していなくとも、
歯槽骨がかなり溶けていて骨折寸前という場合もあるでしょうし、
そういう場合に嫌がって暴れたりすると、
止めの一撃となって顎の骨が折れる、という可能性だって十分にあります。



無麻酔での歯石除去についての結論を言えば、



・歯石を除去して口が綺麗に!
 →なりません。
  一番綺麗にしないといけないところ(歯周ポケット)は汚いままです



・安全です!
 →安全とは言えません。
  心臓の悪い動物で興奮すると余計危険ですし、
  骨が溶けてきている場合は、特に骨折のリスクがあります。



ということになります。



嫌がる動物を無理に抑えると、精神的な負担がかかるという可能性もありますが、
それは動物の性格や抑える人の技量次第の部分もあるとは思います。



ということで、うちの病院においては、
無麻酔下での歯石除去の相談をされた時には、
歯石除去が何を目的とするのか、というところから説明を始めて、
その返答は「完全否定」してしまう形になってしまいます。



実際、獣医師の歯科研究会の見解においても、
「無麻酔下での歯石除去は、”行うべきでない”」
とアナウンスされています。






少なくとも現段階においては、
獣医療における主流の見解は、
「百害あって一利なしなのでするべきではない」ということになっています。



獣医療的に否定されているにも関わらず、
やるところが無くならないのは(ペットサロンにしても動物病院にしても)、
麻酔というものへの不安感があるとともに、
歯周病についての動物病院側の周知の不足があるのだと思います。



歯周病の治療と予防のためには何が必要なのか、
またそのためにはなぜ麻酔が必要なのか、
ということをしっかりと伝え、さらに、
動物病院ではきちんと状態を把握してできる限りに安全に麻酔をかけるんですよ、
ということをきちんと飼い主さんにお伝えして行くことが必要だと思います。



確かに心臓が悪かったり、持病を持っていたりして、
麻酔をかけるのにリスクがある症例があるのは確かです。
かといって、そういう子を無麻酔下で処置を行うことが”安全”かと言えば、
けしてそうとは言えない、ということも確かだと思います。



実際、心臓が悪い動物に麻酔をかけるよりも、
心臓の悪い嫌がる動物を無理やり抑えつけて、嫌がることをする方が、
急性心不全の状態に陥らせてしまう可能性ははるかに高いです。



しっかりと意義を説明するということと、
しっかりと手技を行うということは、
飼い主さんに納得してもらうためにもっとも重要なことですので、
きちんとお伝えしていきたいなと思っています。


http://blogs.yahoo.co.jp/ponpoko6691535/36956592.html より転載。



スポンサーサイト

魚焼きグリルで使えるフライパン♪

2012.03.08 (Thu)

みなさまぁ~こんばんは


天気予報通り・・・陽射しがなく肌寒い1日でした
まだ、雨が降らないだけマシ
でも明日は今日より気温が低くシトシトの雨なそうな
はぁ やだなぁ・・・
早く春になっておくれ~


早くも来週の15日(木)はももんたの卒業式
着る物は何とかあるのですが・・・
靴、パンプスがない(汗)
小学校の卒業式&中学校の入学式の際は
ちょうどわたくし・・・
靭帯損傷で松葉杖・・・ギプス・・・と
パンプスを履ける状態ではなかったので
真剣に探して買ってなかったのです。
しか~し、今年は一応太い足ではありますが
履ける、いや履かなきゃおかしいでしょ~
っていう状況下ですので
本日、ちょっくらももんたと一緒に行って来ました~。
3~4店ほど見て回ったのですが
う~んって感じで・・・。

私、若いころはかなりの靴マニアでして
履かないくせについつい買っちゃった靴が山ほどありました。
シャルルジョルダンの靴と
ブティクオーサキの靴が大好きでして(年がばれそう・・・)
でも、ここに引っ越ししたのを機に
殆ど処分してしまったのです。

昔と違って・・・
履きたい靴は見つかっても
いざそれを履いてみると全く似合わない
悲しくなりますぅ

15日までに何とか探さねば・・・。






さてさて~話は全く変わって・・・
うちのキッチンに魚焼グリルがついてるのですが
これって1度使っちゃうと
庫内に臭いが残り、なおかつお手入れが大変
ここに住んで3年になりますが
1度も使ってませんでした。
え? じゃどうやってお魚を焼いてたかって?
フライパンにヘルシー調理用シートなるものを引いて
焼いておりました。
(普通に焼き魚が出来上がります!)

で、そのグリルを使わないのはもったいないな・・・って
思ってたところ発見しました、得意の生協

017 2012年3月7日

021 2012年3月7日


かなりの優れ物のような予感ですよ~


page 2012年3月7日

時短=節約 で言うことなし


早速・・・この写真の中のこちらを

023 2012年3月7日
作ってみました



バナナ1本をフォークとスプーンで潰し、その中に
ホットケーキMIXとバター、卵、お砂糖、牛乳を投入し混ぜ混ぜ。
このフライパンに流し込み
バナナもう1本をスライスして上に乗せるだけ

IHの弱火で3分、その間にグリルを3分余熱。
そして余熱が終わったらグリルで3分。
合計9分で終了

出来上がりは・・・こちら

013 2012年3月7日

020 2012年3月7日

バナナがあまり好きでないももんたも
美味しい、美味しいと言って食べてくれました


次はピザ、そしてフライパンサイズのビッグハンバーグに
挑戦したいと思います








にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
   ランキングに参加中♪ ポチッとよろしくおねがいします








【号外】ペットにかかるお金~生涯費用

2012.03.05 (Mon)

みなさまぁ~こんばんは


雨のやみ間がなく夕方近くまで降り
3月とは思えない寒さの1日でしたね~。



ネットニュースでこんな記事を見つけましたので
早速アップしたいと思います。

【ペットにかかるお金~生涯費用は300万円!?】

■毎月の飼育費用~犬で1万円、ネコで5,000円
たとえペットの入手にお金がかからなかった場合でも、
飼い始めるにはそれなりの準備が必要です。
犬であればケージ、サークル、トイレ、ベッド、ペットシーツ、
水飲み・エサ入れ。
ネコであれば、トイレ、猫砂、ベッド、水飲み・エサ入れ、爪研ぎなど。
ざっと見積もって2万円以上が
迎え入れるための費用として必要となります。

アンケート調査でペットにかかる毎月の費用を聞いたところ、
犬の飼育費用として最も多かったのは1万円、次いで5,000円。
中には3万円、5万円と高額な費用をかけているケースもあり、
飼育費用の二極化が伺えました。

一方、ネコにかかる毎月の費用は5,000円が最多。
次いで1万円という結果でした。
しかし、逆にネコに関しては1万円を超える回答はほとんどなく、
1,500円~3,000円という回答が多く見受けられました。
犬より出費は抑えめという傾向にあるようです。
また「小鳥」に関しては、だいたいが1,000円~3,000円の範囲内。
犬やネコに比べ、飼育費用は3割~5割ほど少なめでした。

■生涯かかる費用は300万円!?
毎月の飼育費だけでなく、一生涯飼うことを考えると、
ペットの寿命を考慮しなければなりません。
おおまかな目安として、犬の寿命は12年~18年、ネコは13年~18年、
小鳥は7年~20年、ウサギは5年~10年と言われています。

仮に犬の寿命を18年とした場合の生涯費用は、約300万円となります。
これ以外にも、病気にかかると治療費が必要となってきます。

購入費用:15万円
準備費用:2万円
毎月の飼育費:1万円×12カ月×18年=216万円
狂犬病予防接種費用:3500円×18年=6万3,000円
フィラリアワクチン:8,000円×18年=14万4,000円
混合ワクチン接種:8,000円×18年=14万4,000円
ノミ・ダニ予防費:1,000円×12カ月×18年=1万2,000円
去勢手術:2万円
トリミング:3,000円×6回×18年=32万4,000円
火葬費用:1万円

<合計> 304万7,000円


単純にこれを我が家に当てはめると・・・
304万7,000円×7・・・ですか

この記事を鵜呑みにするわけではないけど
これからペットを飼おうと思う人がいてこれを読んでくれたら
きっと覚悟して飼おうと決心してくれるはず。
そうなれば不幸なペットが少しでも
減るのでは・・・と想像します。








にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
   ランキングに参加中♪ ポチッとよろしくおねがいします








今日の晩ご飯♪

2012.02.25 (Sat)

みなさまぁ~こんばんは


うふふふふ・・・
土曜日更新なんてあり得ない私ですが
何となくご飯ネタで更新でございますぅ~

今日は朝から雨・・・
一昨日のように夕方前にはあがったので
何とかお散歩には行けました。
唯一、お外へ出たのはそのお散歩だけ



毎週土曜はももんたが6時頃に家を出て塾へ。
帰りは10時過ぎです。
なのでパパと2人の晩ご飯。
月曜から金曜までももんたのためにご飯作りをし
週末くらいは・・・って思うけど
反対にパパは月曜から金曜までは外で食べる(殆どが接待)ので
せめて週末くらいはおうちご飯で手作りの物を・・・って。
今日はパパと2人でご近所の居酒屋さんへ
Let's GO!なんて考えてたけど
家で食べることにしました。

うちはだいたいが日曜に食材は買い出しに行きます。
(重い物があったりするのでパパのいる時に)
だから土曜が1番食材が乏しい
そんな中・・・バカな頭で考えて・・・

003 2012年2月25日

今、お野菜が高いです・・・。

008 2012年2月25日

年がわかっちゃうようなメニュー・・・。

009 2012年2月25日

お味噌汁にしようか迷った・・・。

014 2012年2月25日

これ、マジ美味しい
ご飯、何杯でもいけちゃいます

あと、パパのみ納豆でした。
わたしたちは週に何回かは食べるけど
パパはそういうわけにはいかないので・・・。





そしてお散歩以外引きこもりだった私は
たぁくんたちのケープ作りをまたまた黙々としておりました。

今年に入って・・・
ゴールドやシルバー、ピンクの豹柄のケープを
作りましたが

018 2012年2月25日

こんな柄の物も作りました。

011 2012年2月25日

これみんなとても暖かい生地になっております

たぁくん、ふくちゃん、のんちゃん
みな平等に・・・1枚づつちゃんと作ってます・・・かなり疲れる・・・



今日、手がけたのがこちらです。



020 2012年2月25日

今度の火曜日、ふくちゃん、病院なので
その時にどちらかを着せて行こうと思います。





あ、さんごちゃん、金曜日再診でした。
やはりめちゃめちゃ酷いこともなく、様子見ということに。
シャンプーは暫くの間、今まで通りで。

122 2012年2月25日

いえいえ
さんごちゃんたちのお世話をすることが
ママのお仕事だから



明日はYORKIESのシャンプーDayです(のんちゃんは月曜)
北風強く寒いらしい・・・。







にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
   ランキングに参加中♪ ポチッとよろしくおねがいします







美味しい物 いろいろ♪

2011.11.16 (Wed)

みなさまぁ~こんばんは


今朝は冷え込みましたね~。
でもこれで平年並みだそうですぅ。
今までがいかに暖かかったか・・・ですね

さて鼻血事件のその後ですが・・・
火曜日にきちんとかかりつけの耳鼻科へ行き
脆くなってる毛細血管はもうない、とお墨付きをいただき
血液検査もしていただきました。
血液検査の結果は3~4日かかるそうですが
大丈夫のようです
アルコールも過度でなければOKと言われ
本日は1杯だけいただき(ホントかなぁ)帰宅いたしました

体が資本・・・気をつけてね~パパ

022 2011年11月16日





11月の初めに我が家へ来てくれた親友から
お届け物がありました
036 2011年11月16日
私の大々好きな鰻
それもこのお店の鰻が1番好きなんだよね
覚えてくださってる方もいるかと思いますが・・・
昨年の8月に実家から送ってもらった鰻と同じです

親友ちゃん~ありがとね
家族3人揃った時にいただきます
008 2011年11月16日
う、うん・・・そだね




ふくちゃんのお散歩コースに「うじゃパン」と
言われる謎の食べ物が昨日から発売になりました
「うじゃパン」・・・何だろう・・・
種類は・・・小倉・チョコ・クリーム・抹茶・栗(季節限定)と
書いてありました。
今日のお散歩の帰りにご近所トリマーさんにお会いして
その謎の「うじゃパン」を我が家へ届けてくださるところでした
急いで家に帰り袋の中を・・・。

010 2011年11月16日
これが「うじゃパン」の正体でした・・・。
2つとも中身は小倉。
う~~~ん・・・・・・
たい焼きだけど・・・形がパンダァ~
なぜに「うじゃパン」と言うのか・・・。
この黒い部分は塗ってあるのではなく生地が黒い・・・。
いまいち綺麗なパンダではない・・・。
謎が多い「うじゃパン」でした。
015 2011年11月16日
そりゃぁそうでしょ~君はおもちゃが1番に決まってる






そして~パパが持ち帰った物
018 2011年11月16日
KAGOMEさんより新発売らしいですが・・・
この手の物・・・今更感が強くなくもありません。

色々なメニューに使えるのだとか。

cats 2011年11月16日

パスタ、パン、炒飯くらいに使えそうかなぁ

003 2011年11月16日
へっ 何がぁ・・・
寝ぼけてますか・・・さすけさん・・・








にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
   ランキングに参加中♪ ポチッとよろしくおねがいします









 | HOME |  »

プロフィール

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

ももんたママ

Author:ももんたママ
わらわらヨーキーのお世話係。
出産もたま~にあります!

動物取扱業 第299号




*script by KT*

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

マウスについてくる犬の足跡

フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。